2009年06月12日

ガスケ、コカイン疑惑について語る

ガスケがsports.frでコカイン疑惑について語っています。といってもフランス語なので…



sports.frの記事。フランス語に堪能な方はぜひ。
Gasquet: "Ma vie qui est en jeu"

マイアミで出かけた店にコカインを所持していた人がいたことがわかったが、自分はみていないし、見つけたら店を出た。どうして自分に反応が出たのかわからない。私のキャリアは終わってはいない。また、必ずコートに戻ってくる、ということのようです(こんなことならもっとちゃんとフランス語を勉強しておくべきでした。いやムダか…)。

こちらは、全仏開催中の話なので少々古い話ではありますが、ガスケがレキップでコカイン事件についてコメントした件。

Gasquet : «Je reviendrai»

もうすぐ「4」が公開の「ターミネーター」ふうにいうなら、「アイル・ビー・バック」ってとこでしょうか。

やはり参加したパーティにコカインを所持していた人がいた件を突き止めたが、そのときはそのことをもちろん知らなかったし、知っていたらそんなパーティには行かなかった、といい、無実が証明できず処分を受けることになっても必ず戻るとコメントしています。
posted by みるてに at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2009年06月04日

サンプラスがWiiテニス

米国で開催中のゲームイベント「Electronic Entertainment Expo(E3)」のEA「グランドスラムテニス」デモンストレーションにサンプラスが登場しました。

グランドスラムテニス」は錦織圭選手も登場することで話題のゲーム。まずWiiで発売され、その後他のプラットフォームでも展開することが決まっています。

サンプラスは、彼でプレイしているデモンストレーターの後ろからおちゃめに登場、その後、自分で自分をプレイしていましたw

(ゲーム内の)会場はウィンブルドンで相手はマッケンロー。サンプラスらしくネットに出てボレーするものの、アウトになり悔しがっていますw


後方から撮影したもの


E3会場では「みんなのテニス」PSP版のリリースなども発表されていたようです。今回はセレブゲストが多かったようで、ポール・マッカートニーやリンゴ・スター、スティーブン・スピルバーグ、サッカーのペレなどがカンファレンスに登場したとのこと。

grandchelem.jpgさて、「グランドスラムテニス」ですが、リリースされる国によってパッケージが違っており、日本版では錦織クンを中央にフィーチャーし、ナダルとマッケンローですが、米国版ではマッケンローが中心にフェデラーとセレナ。そしてフランス版では、ツォンガをフィーチャーしています。


そのツォンガが「グランドスラムテニス」に挑戦している動画をオマケで。

ツォンガはあまりゲームをしないのかな? 楽しんでいるというよりかなり真剣な表情ですね。

「グランドスラム テニス」は、日本では7月2日発売。定価は6090円。プレイできる選手は、ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、マレー、ロディック、ヒューイット、ツォンガ、錦織クンに、マッケンロー、ボルグ、エドバーグ、ベッカー、サンプラス、キャッシュ、シュティヒ。女子はセレナ、ヴィーナス、イワノビッチ、シャラポワ、ダベンポート、エナン、ナブラチロワ、エバート。Amazonでは4918円で予約受付中でした。
posted by みるてに at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2009年05月31日

スクリーム!

ニックボロテリアカデミー所属の16歳、ポルトガルのデブリート(デ・ブリトー?)選手(Michelle Larcher de Brito。どこまでが苗字でしょうかw)が話題です。3回戦進出の活躍で、といいたいところですが、彼女が注目を集めているのは、その叫び声。

古くはセレス、最近ではシャラポワの叫び声が物議を醸してきました。シャラポワの声はサイレンみたいでした。アザレンカの高い声も金属的で気になる人もいるでしょう。ウィリアムズ姉妹、サフィーナもけっこう声を出しています(この3人はどちらかというと低めでうなり声っぽいんですが)。

しかし、デブリートちゃんのは、シャラポワすらかわいく聞こえる叫び声です。絶叫といってもいいかもしれません。「ギャー!」という感じでしょうか。

3回戦のレザイ戦。


相手のレザイは審判に抗議していました。レザイ曰く「シャラポワとは比べ物にならないわ」(WOWOWにレザイ会見記事あり)。

米Yahooのテニスブログでは「シャラポワとセレスの叫び声にヘタクソなバイオリンを加えた」と形容されてます(The 'shriek heard 'round the world' must be muffled)。

だからといってシャラポワの声が許せるかというと、やっぱりうるさかったりするんですがw

スクリーム三姉妹長女シャラポワ。本家の叫び。


急上昇中の次女アザレンカ。今大会のは見当たらなかったんですが、ローマ大会から。


アザレンカは、かなり気が強いというか切れやすいようで、試合中のリアクションが多い選手です。

3人ともテニスをやめたら、ホラー映画の絶叫役に転職できますね。
posted by みるてに at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。