2009年12月24日

小ネタでGO!:女子編

小ネタたまりすぎちゃって、まずは女子編。

●エナン、シドニーにも出場

Justine Henin gets Sydney International wildcard(Eurosport.uk)

まぁエナンが出たいといったら拒絶する大会はないと思います。ブリスベン、シドニーと全豪前に2大会出場です。エナンは公式サイトもリニューアル、Facebooktwitterもスタートし、やる気満々です。

●クルム伊達選手、フェド杯参加

Date-Krumm to make Fed Cup return(Fedcup.com)
39歳伊達がフェド杯代表「引っ張りたい」(日刊スポーツ)

クルム伊達公子選手が、1996年以来14年ぶりにフェド杯に復帰します。できれば大会を絞って1年間の計画をたてたいところだと思いますが、日本チームへの参加は応援したいですね。他のメンバーは、森田あゆみ選手、瀬間友里加選手、藤原里香選手。2月のマレーシアとの戦いに挑みます。伊達選手のブログでのコメントはこちら

●グラフ、カメラマンデビュー

Steffi Graf hat großes Talent zum Fotografieren(National Geographic)


独「National Geographic」誌にグラフの撮影した写真が掲載されました。「Die Kinder von Asmara」(アスマラの子供たち)。アフリカのエストリア取材に同行して写真を撮影、自身の設立した「Children for Tomorrow」プロジェクトの一環でもあるようです。

ダンナは本を出版し、妻は写真を撮る。夫婦で本が出せそうです。


タグ:エナン
posted by みるてに at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

ガスケ、肩の荷が下りました

ちょっと旧聞ですが、スポーツ仲裁裁判所がガスケの主張を認め、ITFとWADAの提訴を棄却しました。3月にコカインの陽性反応が出たガスケは、故意の摂取ではないとして1ヵ月半の出場停止処分を科されており、ITFとWADAは1年〜2年の出場停止を求めていました。(過去のガスケ関連項目参照)


女性とのキスによる二次摂取だというガスケの訴えが認められたわけで、まずはひと安心ですね。まぁファンにしてみれば、コカインやってるような女性と簡単に、しかもドラッグを二次摂取してしまうようなキスしちゃうタイプだったというのも、ショックだという気もしますけどね。

Richard Gasquet cleared of drug charges(BBC Sports)

ガスケの出場停止処分が棄却されたことを受けて、ロドラ、クレモン、マチューらフランスの選手たちがコメント。といってもおフランス語でまったくわかりませんが、たぶん「彼の無実が証明されてよかったよ」というようなことを言ってるんでしょうね…。
タグ:ガスケ
posted by みるてに at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2009年12月23日

マレーの2010全豪ウェア

マレーの全豪用ウェアです。Competitionグループのウェア。シューズはBarricade。予想通り?無難な感じですね。マレーは年明けのホップマンカップからadidas着用ですが、これは全豪まで取っておくんでしょうかね。

posted by みるてに at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。