2010年08月24日

トロント観戦記その2:夜の「プリティ・イン・ピンク」

さて話はトロント。

この大会ではフェデラーのウェアがピンクだったことが話題になっていましたが、試合を見てウェアが淡いピンクでもそれほど驚きませんでした。
rogerpink.JPG


なぜなら前日の練習でショッキングピンクシャツを、当日の練習では紫のシャツを着ていたからです。ピンクのシャツは衝撃でピンボケ…なのではなくw、夕暮れで暗かったうえ、あまりに人が多くまともに撮影できなかったためです。

photo:Toronto:Roger Federer on Twitpic photo:Toronto:Roger Federer.
紫����� on Twitpic


もうちょっとマシなショット。
pinkroger2.JPG


そしてフェデラーにあわせたのか対抗したのか?wナダルもピンクのウェアで登場。こちらはかなり色鮮やかです。

新聞ナダル.JPG


ナダルで鮮やかなピンクのウェアといえば、昨年の全仏が思い浮かびますね。あんまり縁起のよい色ではないような…。

さて、えー、上の写真を見てお気づきでしょうが、ナダルの写真が新聞ですw

ナダルのピンクのウェア姿の写真は実はマイコレクションにありません。夜の撮影は難しいのであまり撮っておらず、しかも撮影した数枚を「あー、ピントあってない」「あー、手ぶれ激しい」と削除していったら、なんと1枚もなくなってしまったのでした。がーん

今回この憂き目?に遭ったのはピンクナダルだけではなく、ベルディヒの写真も1枚もありません。彼の場合は最初の試合で撮ったものをすべて消してしまい、「まぁまた撮影するタイミングはあるよ」と思っているうち、ついに撮影する機会がないままになってしまったのでした。。。

夜に写真を撮影するのは難しいですね。シャッター速度を遅くすると手ぶれするし、感度を上げると粗くなるし、で私のヘタレ写真術では夜の試合の写真は最初からあきらめてました。

Toronto:Rafa Nadal and Novak Djokovic pair on Twitpicこの大会はデイセッションとナイトセッションは別チケット。あまり遅くなりすぎると帰りが怪しいので最後まで見られるかどうか微妙なのと、どうせ写真もうまく撮れないんだからいい席でなくてもいいかな、とデイセッションより安い席を購入してました。それもあってあまり写真をとってません。今回、火曜はフェデラーが、水曜はナダルがそれぞれナイトセッションに登場することはあらかじめアナウンスされていました。月曜は花火(この大会は花火好き)と当初はモンフィス×ゴンサレスを予定していたようですが、ゴンちゃんが棄権(でも会場で練習に向かうカートに乗っていたのをみたんですけどね)したため急遽白羽の矢がたったカードがダブルスのジョコ&ナダル×地元ペア。

ジョコとナダルのペアは、急造なので息が合わないというか、譲り合ってお見合いしてしまうシーンなんかもあったりしました。ダブルスはノーアドなこともどちらに勝利が転ぶかわからない試合展開に拍車をかけていて、ふつうにアドバンテージがあったら、やっぱりジョコナダルのほうが強かったかも?と思ったりしました。でもまぁ楽しそうだったしよかったのかな。

月曜はこの前の試合でやはり地元のポランスキーがメルツァーを破る大金星で、さながらカナダデー。花火で色を添えた、といった日でした。

ポランスキーの活躍を伝える新聞。
P1010438.JPG


彼はたしか去年の大会もジョコビッチに善戦してました。

ダブルス動画。もちろん私撮影ではありませんw これかなり高画質ですね。フルマッチが9分割されてアップされてます。おすすめです。


ちなみにタイトルの「プリティ・イン・ピンク」はジョン・ヒューズ監督の青春映画です。ちょうど先月WOWOWでこの作品を含めた追悼特集をやってましたね。


タグ:観戦記
posted by みるてに at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2010年08月23日

コートの外のお仕事

フェデラーのウィリアム・テルばりのCM用動画が人気を集めています。



これが実際可能なのかどうか? 英国のTVキャスターで元プレイヤー(らしい)のAndrew CastleとDan Lobbが挑戦してみましたが…。

当たるどころか…という感じです。なんせ息子?役は防具をつけてますからね。

Federer on trick-shot video: Not saying it's real(tennis.com)
当のフェデラーは「マジシャンは種明かしはしないものだよ」などとはぐらかしていますが、これだけ話題になれば宣伝効果大ですよね。ATP公式で「FEDERER SHOT: REAL OR FAKE?」と投票を募っていますが、現時点ではトリックと思う人が35%、真実だと思う人が65%という結果(ページ右上にあります)。

もう1個トリッキーなCMを。少し前に公開されていましたが、マレーのHEADのCMです。



このCM、トロントのマレーの試合の休憩の合間に流れ、マレーもそのCMが表示されているスクリーンを見上げていました。

そのマレー、米VOGUE誌グラビアに登場。

VOGUEのサイト内「From the Magazine: Murray Mania」で彼のギャランドゥとかバーバリーのコートを着て卓球とかの写真が拝めます。Amazon.jpで、1,170円、紀伊国屋で1,344円でした。

モデルなら負けちゃいませんとばかり、ベルダスコは米「GQ」9月号に登場。いつもの肉体誇示系ではなく、ビジネスマンふうです。
Fernando Verdasco GQ photoshoot

あちこちのブログで掲載されていますので、検索すればすぐ出てくると思いますが、flickrに掲載されていたものはこちら

posted by みるてに at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2010年08月19日

WOWOWが「楽天ジャパン」に視聴者招待

WOWOWが、視聴者を「楽天ジャパンオープンテニス」 特派員として招待するプレゼントを実施中です。

「楽天ジャパンオープンテニス」 に特派員としてご招待! (WOWOW)

日程:10月4日(月)〜10日(日)※本戦のみへのご招待
会場:東京都・有明コロシアム 
募集人数:各日1組2名様 合計で7組14名 ※指定席へのご招待

応募締切は9月21日(火) 24:00。イベント参加後に観戦の感想レポートを提出。顔写真と名前とともにWOWOWオンライン等に掲載するそうです。同伴者は加入者でなくてもよいが、同様の協力をお願いする、とのことです。

ワタシ的には顔出しするならチケット代払うほうがいいかなw
posted by みるてに at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。