2012年01月04日

2012年初春小ネタでGO!(音が出ます)

改めて新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
今年はよい1年でありますように。

さて年末年始の小ネタをば。

●キャンドルナイト・テニス

ATPおなじみ企画どこでもテニス。今回はフェデラーとナダルが、ドーハでキャンドルに囲まれたロマンチックなコートでテニス。

しかし、これはキャンドルに当たらないようにするというある意味高度なテクニックが必要といえるのではないでしょうか。もはやテニスといっていいのかどうかwかくし芸大会に近いぞ。

●ジョコビッチの「世界の国からおめでとう」

ジョコビッチとスタッフがいろんな国の言葉でハッピーニューイヤー。日本語もあります。

Novak Djokovic on WhoSay
「Akimashite Omedetto」のあとになんていってるのか??なんですが「yo(u)jini」と聞こえる気がするので「友人に」だと思ってるんですが…。 英語ではall our friendsって言ってるんであながち間違いじゃないかも。

●マレーのコーチにレンドル

Andy and Lendl join forces(Andy Murray Official Site)

昨年少しうわさがあったようにも思いましたが、マレーの新コーチに、元世界No.1のイワン・レンドルがつくことに。GS優勝8回、ツアー優勝94回、1位に150週以上というレンドルの経歴はすばらしいですが、一番のポイントは、初優勝までに決勝で4度敗退していることかも。マレーへのメンタル面でのアドバイスをお願いしたいです。

●バブリンカとトミッチ、ヨネックスと契約

ヨネックスが男子テニスプレーヤー、ワウリンカ(17位)、トミッチ(42位)と用具使用契約締結(ヨネックスニュースリリース)

バブリンカはウェア&シューズとラケット、トミッチはラケット契約です。

ナルバンディアンとのウェア契約が終了したヨネックスの後釜がバブリンカ。体型で選んだわけではもちろんありません。
こんな感じ。

ほかにもいろいろあったように思いますが取り急ぎ。


posted by みるてに at 03:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや

2012年01月01日

A HAPPY NEW YEAR!

辰年謹賀新年.jpg

辰年らしく…。今年もよろしくお願いいたします。




俺も龍よ!今年もやるぜ!
http://usopen.tennis.it/djokovic-h2h-federer-usopen-atp/

DJOKOVIC, ESAME DI TEDESCO via kwout

posted by みるてに at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや

2011年12月30日

ATP 2011年10大ニュース

いよいよ年の瀬。少し前に掲載されましたが、ATP10大ニュース。

TOP ACHIEVEMENTS OF THE YEAR - NOS. 6-10(ATP)
TOP ACHIEVEMENTS OF THE YEAR - NOS. 3-5(ATP)
TOP ACHIEVEMENTS OF THE YEAR - NOS. 1-2(ATP)

10位:Raonic & Nishikori’s High Ranks

ラオニッチ(31位、最高位25位)と錦織選手(25位、最高位24位)がそれぞれ自国の選手として最高位を更新。カナダのこれまでの最高位はルゼドスキーがカナダ国籍時代に記録した41位。日本はご存知松岡修造選手の46位でした。ハデな活躍だと思ってたラオニッチより錦織選手のほうが最高位も現在もランキングが上なんですね。

9位:Del Potro’s Comeback

デルポトロの復活。来年はビッグ4がターゲットですね。

8位:Murray’s Asian Swing Hat Trick

マレーのアジアツアー三連勝。来年こそは悲願のGS優勝を。でもオリンピック優勝を目指すほうが可能性高い?

7位:800 Wins For Nestor & Federer

ネスターとフェデラーの800勝達成。

6. Federer’s Record Sixth Barclays ATP World Tour Finals Titles

フェデラーがツアーファイナルで6勝目を達成。年末は失速している選手が多い中、フェデラーはすごいと思います。

5位:Bryans’ Record Weeks At No. 1

4位:Nadal’s Monte-Carlo Streak & Record-Tying Roland Garros Triumph

ナダルがモンテカルロ7連覇を達成。そして全仏6回目の優勝。モンテカルロの後、クレーのマスターズ10002大会で優勝を逃し、全仏に黄信号が点った気がしましたが、死守。

3位:Djokovic’s Record Five Masters 1000 Titles

ジョコビッチがマスターズ1000の5大会を制覇。インディアンウェルズ、マイアミ、マドリッド、ローマ、モントリオールの5大会。そのうちモントリオール以外の4大会の決勝の相手はナダルでした。

2位:Djokovic’s Three Grand Slam Crowns

ジョコビッチのGS3勝。全仏もSFでフェデラーに惜敗でしたが、そのフェデラーには全米でお返し。

1位:Djokovic’s 41-0 Start

ジョコビッチの年初からの41連勝。全仏で敗れた後も、シンシナティの決勝リタイアをはさみウィンブルドン、全米と優勝。今年は70勝6敗、10大会で優勝。6敗のうち4敗が9月以降ですからいかに前半が無敵だったかがわかります。

というわけで今年はジョコビッチの年でした。全米以降、ケガで調子を落としましたが、2012年はどこまで戻してくるのか楽しみです。

ATPの振り返りビデオ。


私的トップ10は「サフィンがシニアツアーに参加&議員に」と「日本、デ杯ワールドグループに復帰」を入れたいです。東日本大震災で選手がさまざまな励ましや支援を行ってくれたのも印象に残りました。あとナダルが相手がマレーとフェデラーとはいえ、ベーグル食らったのも何気に驚きました。見たかったけどかなわなかったのは「マレー悲願のGS初優勝」と「アルヘン悲願のデ杯優勝」ですね。来年はかなう?

しかし若いと思っているナダルが7年も優勝し続けているわけで、そのもっと前から見ているというのは、長くテニス好きでいるんだなぁと改めて思ったり。少女老い易く金貯まり難し。

タグ:2011回顧
posted by みるてに at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。