2015年12月29日

IPTL雑感

今このブログの最新記事一覧をみたら「謹賀新年」が入ってるくらい、ことしはブログを書いてないということですね。

この1年を振り返ってみても「ジョコつよ!」しか思い出せないくらいですが、やけにオフシーズン感が薄い。それはついこの間まで行われていたIPTLのせい(おかげ)ですね。

昨年は「トップ選手のお遊び」くらいの印象でまったく興味のなかったIPTLですが、出る出る詐欺では・・と直前まで疑われていたサフィンの参戦、日本での開催、WOWOWでは生中継も行われるなど、私にとって12月がやけにあわただしかったのでした。

昨年のツォンガやチリッチなどオフシーズンのエキシビションであるIPTLにでて故障して、本シーズンに影響してしまった、というのもあって、なんとなあんまりこのイベントに対してあまりいい印象を持たなかったのもありました。アジアの大会に来ない選手がこぞって参加するのもなんだかなぁって思わないでもなかったし。

今回神戸にも足を運び、比較的マメにテレビ放送もチェックした結果、ケガをする選手が多い理由がなんとなくわかりました。エキシビですし、会場の設備からいっても、練習コートがふんだんにあるわけでなく、あまりウォーミングアップなく選手は試合に臨みます(少なくともそう見えました)。神戸ではコートの脇にトレーニングマシンなどがおかれていましたが、気休め程度かな、と思いました。それはそうです。エキシビなのですから。でも、団体戦がそうさせるのか、想像以上に「負けたくない」心境になるようで、意外とマジになってる選手が多いように思いました。それはケガも増えるでしょう。

サフィンは豪快そうにみえて、「気にしぃ」なとこがあるので、チームで自分が負け続けてるのがすごくいやだったんだろうと思うんですよね。その結果、ほとんどトレーニングもしていなかったでしょうから、当然足を痛める結果に。でも最後までチームに同行して再登場してました。えらいぞサフィン。まぁ、サフィンだけでなく、レジェンドの皆さんは最後は軒並み息切れ感が漂ってましたね。現役選手もガスケはケガで離脱したし、結果全豪を欠場することに。でずっぱりだったムラデノビッチも最後のシンガポールで足を痛めたようでした。

選手のコンディションの面からも視聴者としても「長すぎる」。半分に分けて2大会くらいでラウンドロビンをやって、残ったチームが決勝、とかでいいのでは。なんども同じチームがたたかうのも「またか」感がありますしね。

そしてトップ選手の一部参加による頻繁なメンバー交代。肝心なときに選手いないじゃん?!な気がしました。今回優勝したシンガポール・スラマーズは東京ではいわゆるトップ選手の参加がないなど、若手中心のチームでしたが、それが功を奏したというか、すごくチームワークがいいように見えました。特に女子選手がベンチッチとプリスコバという若手で実力がありなおかつ大会通しで参加できる2人をそろえたのが大きかった気がします。お調子者的なキリオスも生き生きしていたし。

今回から参加のジャパンウォリアーズ。錦織、シャラポワの目玉選手は2人とも日本のみの参加(しかもあんまり勝利に貢献しなかった)な上、レジェンドとしては若いから期待されたであろうサフィンは明らかに調整不足だったし、何気にハンチュコワが欠場になったのが痛かったんじゃないでしょうか。

個人的には数日前に行くことを決め、仕事を抱えての観戦で、できるだけ会場に近いホテルを取り、直前まで仕事をしては会場に行き、会場からもスマホで仕事をする、というドタバタぶりでした。おまけに風邪をこじらせ久しぶりの神戸を楽しむどころか、食事すらルームサービスという始末。極めつけはSDカードの紛失で、しばらくは写真をアップする気にもなりませんでした。




posted by みるてに at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2015年12月20日

2016見るテニスカレンダー

もはや誰も待ってないかもしれない2016年見るテニスカレンダー。ことしはカメラとの相性が悪く、充電器を忘れる、SDカードを紛失する、極めつけはカメラを水浸しにして壊す・・・と受難の1年であまりいい写真がございません。

calendar.JPG1月フェデラー、2月ツォンガ(ともんちゃん)、3月錦織、4月バブリンカ、5月ナダル、6月マレー、7月フェレール、8月ジョコビッチ、9月ベルディヒ、10月ガスケ、11月ゴファン、12月IPTLジャパンウォリアーズです。トップ10プラス誰にしようか悩んだのですが、秋らしい?写真のゴファンくんとクリスマスっぽいジャパンウォリアーズの写真にしました。ひどい写真のなかでも2月と6月の写真が特にひどいのですが、もうちょっとマシなのもありましたが、どうしてもそれを使いたかったので・・・。表紙は復活を期待してデルポトロです。

ATPスケジュールが入っているところがポイントで、それがなければただのだっさいカレンダーです(^^;)
毎年、次の年こそは作り変えようと思いつつ、時間がなくて流用続きです。

ファイルはPDF。卓上用ではがきサイズに作っています。ためしにもう少し小さいL判サイズに印刷してもOKでした。A4など大きなサイズでは画像が粗くなると思います。お使いのプリンタで用紙設定してお使いください。

はがきサイズが立てられるようなスタンドがあれば最適ですが、CDケースなども使えると思います。面倒じゃなければフォトフレームでもいいかと。黒い書類クリップではさんで金具部分を取ると簡易スタンドになります。
※あくまでも素人が作成したものです。個人でお楽しみください。無断での改変や再配布はご遠慮ください。ウィルスチェックは行いました。このファイルをDLされて何らかのトラブルに遭われても責任を負いかねますのでご了承ください。綴りやカレンダーに間違いがあればご指摘いただければ修正いたします。

圧縮(Zip)ファイルです(約2MB)。DLされた方、ご感想などいただければ幸いです。

※さっそく差し替え! 肝心のカレンダーの祝日が間違っておりました・・・。すでにDLされた方申し訳ない。差し替えました。差分のみはこちらから、

★ダウンロードはこちらから

posted by みるてに at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや

2015年04月13日

サフィンがIPTLに参加? いや、話題の中心は日本のホームチームができたことですが

昨年末に開催されたアジア地域を中心に、トップ選手が集いエキシビションイベント「IPTL(インターナショナルプレミアテニスリーグ)」。UAE、シンガポール、フィリピン、インドをそれぞれホームにしたチームを結成し、各地を転戦して試合を行うもの。6ゲーム先取の1セットマッチで男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、レジェンドシングルスの5試合を行い、ゲーム数で勝敗を競います。

IPTL (公式サイト)

その2015年のメンバーが発表され、新たに日本も加わり5チームになるというアナウンス。チーム名は「 Japan Warriors」でメンバーはシャラポワ、錦織圭、ポスピシル、ハンチュコワ、パエス、プイユ(でいいんだっけPouille)、奈良くるみ、サフィン。日本が参加するんだという話題はさておき、サフィンですよ。政治家と両立していいのか? そもそも来るのか?w 結局はドタキャンでカフェルニコフ参加とかありそうな流れですよねw 


他のチームのメンバーは、
Singapore Slammers:ジョコビッチ、キリオス、カロリナ・プリスコバ、モヤ、ベンチッチ、コキナキス、メロ
Manila Mavericks:セレナ、ツォンガ、ガスケ、リシツキ、フィリポーシス、ガジョソバ、コリッチ、ヒューイ
UAE Royals:フェデラー、ベルディヒ、イワノビッチ、イワニセビッチ、ムラデノビッチ、チリッチ、ネスター
Indian Aces:ナダル、モンフィス、ラドバンスカ、ミルザ、ドディグ、サントロ、ボパンナ

全ての開催地に全員が参加しているということではないので、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルといった選手が必ずしも日本にくるとは限らないのですが、ジョコはツアーではこないんだから、こういう時こそ来るんでしょうかねー。

この流れを既に知っていたのか、WOWOWが2014年大会の放送をアナウンスしており、放映権はゲットしたぜ!ということなんでしょうね。

WOWOWのIPTLページ(大会概要やルールについても分かりやすくまとまっています)

参加した選手はみなとっても楽しそうだったし、オフシーズンにいろいろ話題を提供してくれていたのですが、このエキシビに出場したのち、ケガで全豪や北米マスターズ欠場の選手がいたのが気がかり。短いオフシーズンは充電期間に充ててほしい気もします。ATPのスケジュールはハードだと指摘しておきながら、オフシーズンにエキシビで世界中を飛び回るというのは果たしてアリなのか……というのは野暮な話ですかね。エキシビですもんね。

さてさて話は戻って、サフィンは日本に来るでしょうか? 誰かランチを賭けますか?w ちなみに現役時代はまだすごく若い時にデ杯で来日したことはありますが、ジャパンオープン参加は1度もありませんでした。

posted by みるてに at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。